サムズアップ〜そして「教室」2017


サムズアップで夏のライブも終え、いよいよレコーディングも佳境、歌入れがはじまりました!
今回、ライブもレコーディングも同じメンバーで7月〜8月を過ごしていますが、こうなると、面白い出来事が多発します。

サムズアップでのMCの一コマ。このメンバーでのライブですと、必然的にレコーディングの話にもなります。そこで、森川さん、またもや「教室」をどうやって歌えばいいの?とポロリとこぼしました。

ここからが、ミラクル。
竹本一匹さんが、間髪入れずに、、、
竹本:「あぁ、その事なんだけどさぁ。俺、考えたんだよね」
森川:「え?、なになに?」
竹本:「だから、教室を歌うにあたっての、精神設定」

なんと、一匹さん、森川が常々困ったと話していた、歌入れについての「精神設定」を考えてあって、それをなんとステージ上で発表!

森川:・・・びっくり 「それ、いーかもー!」・・・と希望の光が!

が、しかーし、河野さん・・・・「でたよ・・・」と呆れ顔(笑)
と、隣の野崎さんの顔も 「また、でた」 と、呆れ顔(笑)

河野:「あー、だいたい、こういう面倒くさいやつなんです」 とキッパリト一刀両断!
野崎さんは、無言でうなずいています。

森川:「ちょっと、ステージ上でなに、この感じ(笑)」
河野:「20年もつきあってれば、切り口はもう・・・」
野崎:「長いんで」

森川さんのステージではありますが、もう、これは
森川さんもふくめてバンドですね。

ついに、演奏だけでなく、MCにも新たなグルーヴが生まれ始めました(笑)

森川さんのここのところのライブ、そしてレコーディングを見ていますと、確実に新しい境地に入っていっていることがわかります。
それについては、レコーディング日記をメルマガで書いていきますので、ぜひ、メルマガをご覧ください!

このCDに「教室」は入っておりません。しかーし、「教室」2017の歌のヒントは、サムズアップのライブMCにあり!

ホイホイレコードへGO!

8/27 横浜:Welcome to the another world 最終公演です!

8/27(日)横浜:Thumbs Up    open 17:30 start 18:30

ここのところ、渋谷で5人のバンドでのライブ、大阪、名古屋、横浜ではトリオ編成のバンドでおこなっていますが、これが、とても面白いライブバリエーションとなりました。もちろん、5人のメンバーでやるとさまざまなサウンドバリエーションを作り上げられるし、何より、この5人の人柄が集まるということが最大の魅力であります。しかし、「歌と音」 というテーマで考えたときに、これは、どちらがいい、というわけではなく、双方に魅力があります。

バンドというのは、そもそも「制限」であります。音楽はいつも、なんらかの「制限」の中で生み出されます。これはひとつのゲームのようなもので、パーカッション、ベース、キーボードの3人という 「制限」 があるからこそ、普通、ベースはそんなことしないだろ? とか、おいおい、ピアノ音源1音色で、そこまで弾くの? とか、パーカッションって、こんなにバリエーションがあるの? とか、なります。

森川さんの歌う歌は、ポップスですから、そもそもサウンドはカラフルに作られています。それをこの3人で支えるわけですから、ミュージシャンはそれぞれが持つスペックを出し切らないと対応できないところに、追い込まれます。・・・という予定でしたが、どうも、この3人、それを楽しんで、それぞれが自由に羽ばたき始めました。 そんなわけで、トリオはトリオで、とても面白い見所満載のライブとなりました。

歌手は、サウンドに確実に反応します。これは、考えてやっているわけではなく、生理的にそうなるもので、森川さん本人も説明できない部分だろうと思います。しかし、確実にちがうんです。

Welcome to the another world 最終公演、横浜サムズアっプ、見所満載でお待ちしています!

白熱のB-3

先日のレコーディングの一コマです。野崎さん、やってくれました。このあと、燃え尽きました。そんな魂のプレイですが、さて、何の楽曲でしょう?

レコーディング日記がまだかけていませんが、次回はミュージシャンの目線でのレポートをと考えております。ぜひ、メルマガ登録してみてくださいね。

今週末、サムズアップ!待ってます!!

続・Black Recording


同じ時空の中で互いに反応しあうのが音楽ですね。それぞれ、互いのプレイに反応し、だからこそ、そのベロシティで弾き、叩き、そのタイミングで音をだします。これをやりたくて、今回は、この人たちでレコーディングしました。
おかげさまで、すげぇ、幸せな日々をすごしております。

このバンドだから、セルフカヴァーがやれます。それぞれの曲が、今の森川美穂が歌うためのサウンドに生まれ変わっていきます。楽曲はちょっとしたアプローチでムードが変わります。そして、そのムードが変われば、歌い方も変わります。

いやぁ、楽しみですね。
オフィシャルメルマガで、レコーディング日記を配信しています。ぜひ、登録してください!

Recording 順調

タイトなサウンドで「教室」を終了。相変わらず「どうやって歌えばいいの?」と言い続けているひと一人。

潤子の部屋

みなさん、お昼休み中。おたのしみに!

Live info

Welcome to the another world

今回のライブは、Be Freeから新曲まで、森川美穂をトータルに楽しんでいただくライブです。今までにはなかった一面を、松井五郎さん作詞、山川恵津子さん作曲の新曲3曲が、森川美穂の新しい歌の扉を開きます。

アクティブな歌から、心の中のゆらぎをじっくり見つめるような歌の世界まで、歌手 森川美穂の歌声を浴びに来てください。会場でお待ちしております。

8/12(土)大阪JANUS  open 16:00  start 16:30

8/13(日)名古屋TOKUZO   open 16:00  start 17:00

8/27(日)横浜Thumbs Up  open 17:30   start 18:30

ビニールの傘

新曲からレコーディングスタート! 作曲の山川恵津子さんのアレンジ&ピアノで、いつものメンバーとともに6リズムでレコーディング。表情豊かなサウンド、みなさまに聞いていただくのがまちどうしい森川さんです。

スタジオの中に、潤子さん、一匹さんがいたときの写真なので、2名うつっていません。

Best Collection CD Album「Be Free」 11/15 Release

1985年に17歳でデビューし、さまざまなタイプの楽曲を歌ってきた森川美穂も、来年2018年5月5日には50歳をむかえます。このタイミングで、デビューからこれまでの”森川美穂の総まとめ”として、シングル30曲の中からベストな楽曲を選曲し、今の森川美穂が歌うセルフカヴァーアルバムを作ることにしました。 “Best Collection CD Album「Be Free」 11/15 Release” の続きを読む

タイミング

人と人との出会いには、いつもタイミングがあります。ぼくらが生きている時代というのもタイミングです。森川さんとお客様とが出会えるのもタイミングです。この時代に、互いに生きていないとなりません。そして、森川さんが、このタイミングでいただいた、新曲3曲。これもまたすごいタイミングです。

「今」でないと表現できない、そんなタイミングでこの作品をいただくことができました。これは、森川さんにとってとても大きな「出会い」です。歌手にとって「作品」との出会いは、命そのものです。

そして、これらの作品を、みなさまの前で歌えるという幸せ。それを成立させてくれているのが、この5人のメンバーです。いつも一緒にいるわけではない、様々な現場でプレイをしている荒野の5人が、森川さんのために集まってくれました。

ある人が、森川美穂の歌は、まだ進化している、、、とびっくりしている声を聞きました。そうだと思います。その進化を可能にさせているのが、このバンドメンバーです。この人たちが、今の森川さんの歌を歌わせてくれています。すばらしいタイミング、すばらしい出会いだなぁと感じながら、この写真をながめています。

今日も、とても素晴らしい演奏をありがとうございました!
そして、いらしていただいたみなまさの、心からの拍手、ありがとうございました。