MIHO MORIKAWA SYMPOSIUM

森川組(SHINSENGUMI)発足記念、第一回目の
「森川美穂シンポジウム」が本日行われました。

シンポジウムとは・・・・一つの問題について何人かが異なる面から意見を述べ合い、質疑応答をくりかえす形の討論会。・・・ということで、本日は、「森川美穂」という問題に真剣にとりくみました。

扱う問題(テーマ)はかなりの大問題なわけですが、パネリストが専門家だったため、それぞれの持ち味を生かした、確かな回答をもたらしてくれました。問題が今後解決するかどうかは、わかりませんが、いいシンポジウムになったと思います。作曲の羽場さんは、森川美穂作品の原曲デモテープをなんと、9曲も持ってきてくださいました。「問題(テーマ)」そのものの森川さんも、いつのまにかパネリスト〜司会進行となり、当時の楽曲の成り立ちや、作家という存在そのものについての疑問を投げかけ、いつしか、テーマは作詞家、作曲家、編曲家への話へと。。。。これから、未来に歌っていく歌手:森川美穂というテーマを、作品という角度から掘り下げていっていたようでした。

ますます、今後が楽しみな森川さんでした。・・・・それでは、パネリストのみなさまをご紹介します。
左より、作曲家:羽場仁志氏、歌手&問題そのもの:森川美穂さん、作詞家:佐藤純子さん

30年前から「森川美穂」という問題に関わってきたメンバーがこうやって一緒に集まれるのも、森川さんが歌い続けていたからこそ。そして「森川組」があってからこそのシンポジウムでした。
森川組のみなさまに感謝!感謝!感謝! ありがとうございますm(_ _)m

さぁ、明日は、鎌倉「歐林洞 」にて<森川美穂、花を歌う、雨を歌う>です。
さらに、新しいオリジナル曲も、ご披露いたします!

“MIHO MORIKAWA SYMPOSIUM” への2件の返信

  1. 羽場さんのデモテープが9曲もお披露目された事に今日、参加出来なかった事が本当に悔やまれます。(>_<)
    30年の時を得て、羽場さん、純子さん、美穂さんと3人が集われた事ですから『Bird Eyes』のゴールデンコンビで、いつの日かまた曲を作って頂けたらと思います。(^_^)

  2. 昨日は凄く楽しませて頂きました♪
    僕らファンも、これからの美穂さんの更なるご活躍を予感出来たイベントでした(^○^)
    ツーショット写真やプレミアム色紙プレゼント企画も、貰われた方のみならず、ファン皆がその色紙の存在に歓びを感じてました(^^)/
    イベント終了後の親睦会でも、個々それぞれの森川美穂ファン歴の思い出を語り合い、皆が美穂さんネタで大盛上りでした(^○^)♪
    最後の〆の掛け声は『森川美穂さんの更なるご活躍を祝して森川美穂!ばんざーい❗ばんざーい❗ばんざーい❗』で終わりました\(^^)/
    美穂さんの魅力って凄いですね(^o^;)
    歌や外見だけではなく、それぞれのファン皆さんにちゃんと気を配って大事にしてくださるファン思いの優しい方だからこそ、今でもファンの心を離さないのでしょうね(^^)
    僕も27年間も森川美穂ファンを続け、今でも遠征してまで会いに行きたい❗と思うのは、こういったファン思いの美穂さんが好きだからだと思います(#^.^#)
    これからも、ずっとずっとついて行きます
    『森川美穂バンザーイ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です