TOHO-音芸-5

● 来週・・・・萩野谷佑美さん: ハローファンクラブ〜川島あいファンクラブ〜舞台制作

● 先週の質問

・レコード売上分配でアーティストフィーが少ないのにびっくり
>artist fee 全国からの売上(1〜2%)
>レコードショップは、そのお店だけの売上(27%前後)

・難しいと思っているから、よくわからないです
>どこが、難しいと感じているのか? を具体的に追求すると改善するポイントがわかる。

・海外でのCD売上をどうやって回収するのか?
>(1)原盤使用料(about 20%)として (2)輸出CDとして

・CDショップビジネスをやるときに、注意することは?
>リアル店舗? ウェブ販売?
>まずは、自分が何をやりたいのか? によります。
個人的な意見ですが、大きくは儲からないことを、前提にしても、情熱がつづくか?
というのは、考えたほうがいいと思います。
個人でやる場合は、セレクトショップがいいのではないか?
もしくは、せどり的な考え方か? どちらかではないでしょうか。

・著作権のページにある「流通」とはなにか?
>これは、商品(=CD)を運ぶことです

・アーティストが自分で作詞、作曲した曲を歌う場合は、いくらもらえるか?
>たぶん、CDの著作権についての質問だと思いますが、その場合、
JASRAC登録してある場合は、いままでの説明と同じです。
していなければ、レコード会社と著作者の直接の契約内容によります

・使用者とは、カラオケ、小売店、テレビ、CM以外、なにがあるか?
>映画、DVD、レストラン、クラブ、コンサート、、、、などなど、
http://www.jasrac.or.jp/info/index.html ここで、確認してみてください。

・CDの販売価格は、どうやってきめるのか?
>売る人が決めればOKです。
利益=売上ー原価でしたね。
まず、原価計算をします。
それから、販売枚数を予想します。
あとは、赤字にならないように、価格を設定します。
目的によっては、、、たとえば、プロモーションであれば、多くの人の手に渡すことが目的なら
無料サンプルという場合もあります。

・就職までにどんなことをしたらいいか?知りたい。
>何を目的にするか?によります。
ファンクラブであれば、イラストレーター、Photoshop、カメラ、音源の簡単な編集
デザインのセンスを磨くことなど、やれるといいですね。
PCスキルが必要ですが、それと同時に、自分自身のセンスを磨くこと。
それは、日々の生活の中に、「感じる」こと、「考える」ことを組入れることです。
電車にのったら、広告のコピーの考え方、デザインのあり方、などチェックしてみる。
自分で、広告を作るとしたら、どんな言葉で、どんなデザインでアピールするか?
考えてみる・・・・など、など、日々の中で、やれることは、とてもたくさんあります。

・出荷控除率ってなんですか?
>CDを倉庫から、ショップへ出荷した場合、輸送中に破損がある場合があります。
そのほか、将来返品があるかもしれません。
その危険率を、約20%と仮定しているメーカーが多いです。