「Life is beautiful」 そして 「足跡」

僕(スタッフ西嶋)が、森川さんのレコーディングを担当したのは、2枚目シングル「ブルーな嵐」から1989年にリリースされた「チャンス」まで。そして、再会してレコーディングしたのが「Life is beautiful」・・・実に29年ぶりのレコーディングでした。

この作品は、森川さんが30周年のときに、ライブで発表した作品で、すでに作品があったので、僕はレコーディングで塩入さんにピアノをお願いしただけでした。何をしたかったかと言うと、一発録音をしたかった。この曲はそのまま「裸の森川美穂」を録音すればいいだけでした。そのためには歌い直すことのない、一筆書きのような歌を録音したかった。それだけでした。

いい歌だな、いい曲だなって思った。そこにはやはりストーリーがあった。森川は自分が歌いたい気持ちを、手紙という形で佐藤純子さんへ伝えていた。その気持ちは純子さんの心の底に届いて、そこからこの歌は生まれた。

去年の夏、作家対談というのをやった。佐藤純子さん、羽場仁志さん、そして松井五郎さんの3名で、昨年リリースしたベストアルバム「Be Free」について語ってもらった。このアルバムに収録されていない「Life is beautiful」を松井五郎さんは語った。

おもしろい。今回のアルバム「female」に収録されている「足跡」という楽曲は、デビュー30周年の記念曲「Life is beautiful」にたいして、今年50才になった森川美穂への松井五郎さんからのプレゼントだったのだろうと思う。ドキュメント「female」03 を読んでいればご存知だろうと思うが、松井五郎さんいとって「Life is beautiful」という壁があったのは確かだっただろう。それでも、プレゼントしたかった1曲が「足跡」だったのではないか。

この2曲はおもしろい。
「Life is beautiful」は生まれてから今までという時間軸になっている。振り返っているのだけど「視点」は生まれた時のこと「誕生=0」からスタートして、現在までを歌うという時間経過の歌になっている。

そして「足跡」の「視点」はその逆だ。50才になった森川美穂「今=0」として、過去を想い、心の中の旅をしてゆく。

こんな記念作品をつくってもらえること自体、とても幸せだと思う。心に沁みる名曲だ。この2曲は、僕にとっては、気がつけばそこにあった、、、という作品です。森川さんと作家との「人と人」の繋がりの中で、自然に生まれた作品です。特別飾ることのない、普通の言葉の中に、愛があり、物語がある。それが心に沁みる。

こんな2曲を森川は京都で歌いたいと言い始めた。バラード2曲、それも、ある意味では同じタイプの曲。セットリストを考えると、普通この手の歌を2曲はやらない。もちろん、書いたように時間軸の捉え方、作品意図は違うものであるのだが、普通、続けて歌う曲ではない。

面白い。歌手として、この2曲をどうアプローチするのだろう。でも、アプローチなんて関係ないのかもしれない。演出などいらない。森川が感じているまま、素朴に歌えれば、作品そのものが浮かび上がるではないか。さてさて、どうなるのだろう。

レコーディングは、歌手を進化させていく。そしてライブでさらに磨かれる10/28 京都・都雅都雅、とても楽しみなライブになりそうです。

秋の京都に沁みいるような森川の歌声、聴きにきてください。

10/28日(日)京都 SPECIAL LIVE

【会場】 都雅都雅
【時間】開場 16:00 開演 17:00
【出演】森川美穂(Vo) 塩入俊哉(Pf)
【料金】 前売6,000円 当日500円UP(別途2オーダー)
【チケット発売中】 都雅都雅ローソンチケットイープラス

10/31(水)ラジオ関西 ゲスト情報

森川美穂新譜「female」発売日の10/31に、ラジオ関西の番組「ばんばひろふみ!ラジオDEしょうー!」にゲスト出演させていただきます。

先日、ばんばさんにCD「female」を送らせてもらいました。ばんばさんの音楽的なコメントはいつも的を射ており、どんな感想をいただけるか、緊張します。ばんばさんと森川さん、かなり面白い話になりそうな予感がします。

ゲスト出演は、13時〜を予定しております。ぜひ、チェックしてください!!

 

10/31「female」発売日、神戸タワーレコードイベント決定!

森川美穂 New Album「female」リリース記念いたしまして、タワーレコード神戸店さんと下記でイベントを組むことになりました!

2018年10月31日(水)
場所:MINT神戸 2Fデッキ
時間:18:30〜 ライブ観覧フリー

◉サイン会、握手会の参加方法
当日イベント会場にて、森川美穂 New Album「female」購入者対象
(10月31日発売:CVOV-10050/¥3,000+税)

イベント会場にてCD購入時に、特典ポストカードをお渡しします。
当日イベントでの特典ポストカードがサイン会参加券となります。
CDジャケット、もしくは、ポストカードどちらか1点にサインをいたします。

■本イベントは、屋外での開催となります。
イベント開始前の早々の場所取りはご遠慮願いますようご協力をお願いいたします。

■会場は屋根のないオープンスペースです。当日雨天の場合、傘をさして観覧して頂くことが出来ませんので、雨具等を御用意ください。

■イベント当日の天候及び気候状況により屋外での実施が不可能と判断した場合は、イベント実施場所がタワーレコード神戸店店内に変更となる場合がございます。

■サイン会は列が途切れ次第終了いたします。

■写真撮影はご遠慮ください。

■アーティストの都合により、内容等の変更・イベント中止となる場合がございますので予めご了承ください。

10月に入ってから、私の朝の日課はプチプチカットからはじまります。そして、タックシールの印刷、チラシを折ってポストカードをセットして、プチプチでCDを保護してスマートレターの封筒へ封入します。おかげさまで、たくさんのご予約者への発送もひと段落し、毎朝の大量のプチプチカットも今日で終了です。これからは、毎日数枚づつの発送になると思いますので、これだけカットしておけば、1週間ほどはもつでしょう。

とはいえ、気を抜いてはいけません。ポストカードは、11種類ございます。この11種類は「female」に収録されている、11編の女性の物語に対応しております。それぞれの楽曲イメージと関連づけられた松井五郎さんの「言葉」1フレーズと森川画像イメージとのコラボ作品ポストカードとなっています。

福岡ライブ会場で予約された方は「それぞれ」、広島ライブ会場では「涙よ涙」、10/1〜14までにこのホームページから予約いただいた方は「漂流夜行」、そして現在予約していて10/31までにご注文の方は「ユメサライ」のイメージポストカードとなっています。

もちろん今週末10/28の京都、都雅都雅でもまた別のポストカードが特典となります。そして、この神戸タワーレコードとのイベントでも、また新たなポストカードをご用意し、お待ちしております。

神戸近郊のお知り合いに、ぜひ声をかけてください。よろしくお願いいたします!

鞄と時計

この年齢になったから響く言葉がある。若い頃には、なんでもなかった言葉が、人生という歴史を経験することで、響くフレーズがある。

「鞄と時計」・・・この歌は、そんな作品だ。

ストーリーがわかるわけではない。フレーズ、フレーズから生まれてくるストーリーは、すべて、それぞれ聴き手に任されている。だから、聴くぼくらが経験をつんでいなければ、響かない。そこを狙ってくる松井五郎さんってすごい。

このすごさを、理論でなく、匂いで嗅ぎつけているのが森川美穂だ。歌ってみると、感覚でわかる。そこに何かがあると嗅ぎつけるのだ。面白い。これは、松井さんが仕掛けた罠なのか?あるいは、どこまで来れるのか?試されているのかもしれない。Chageさんというキャスティングも、きっと用意周到に考えらえたプロディースだ。森川にとってはありがたすぎる冒険。

作家とはなんだろう? 歌手を作品でプロデュースする。そう言い切っていい。この空白の多い歌詞・・・それは、聴き手のぼくらに委ねられている。そして、Chageさんのメロディーがまたすごすぎる。

作家は、歌手とよりそう。しかし、あえて、注文をださず、Chageさんの世界を森川に与えた。これが松井五郎プロデュースだ。森川はなやんだ。そして感じたままに歌った。一つ、新しい世界を経験できた。50にして、殻をやぶることができた。森川美穂という歌手のすごいところだ。

ぼくは傍観者だけど、35年レコーディングディレクターをやっていて、こんなすばらしいレコーディングを見たことがない。みんなが、森川美穂をすばらしい歌手へと導いてくれた。松井五郎、山川恵津子、都志見隆、Chage、野上朝生、・・森川美穂は幸せものだ。

歌は変化する。表現は果てしなく成長してゆく。歌が変わるって、どんな心境だったのだろう?
森川さんの歌の幅がズドンと広がった。それが 「female」 というアルバムになった。

10/28の京都ライブ、新境地の森川にぜひ会いにきてください。リリースライブより一足早く、塩入さんのピアノで、今、この瞬間の森川美穂の「裸の歌」を浴びてほしい。

10/28京都:都雅都雅

GORO MATSUI SONGBOOKS 10

10月12日(金)にこのコンサートは開催されました。当初このライブに森川美穂の名前はありませんでした。

チケットは発売わずか5分で完売したそうです。松井五郎さんの作詞作品だけを歌うシリーズとして、はじまったこのライブは、今回で10回目の開催となりました。記念すべき10回目の出演は、メインとしてChageさん、そして根本要さん(Stardust Revue)でした。松井五郎、チャゲ&飛鳥、根本要、この3組は、それぞれのバンドでヤマハのポプコンに出場していた同年代であります。

ドキュメント「female」のChapter 01のタイトルは「なぜ、森川美穂だったのか?」となっていましたが、この流れが、森川美穂をこのステージに導いてくれました。

松井五郎さんが作詞、そしてChageさんが作曲という作品は、1981年からスタートしている。そしてChageさん作曲の1981年の作品が、松井五郎さんの作詞家のスタートでした。二人で作った曲は、これまでに43曲もあります。そして、43曲目の最新作品が森川美穂の最新アルバム「female」に収められている「鞄と時計」ということになります。

レコーディングを終えて、このライブのチケットも発売され、5分でチケットはなくなり、「すごいですねー、なぜ、JZ でやるんですか?もっと広い会場でやればいいのに」・・・そんな話を松井さんとしているときに「この日、美穂ちゃんスケジュールどうなってます?」となりました。

そんな、流れで、松井五郎作詞、Chage作曲の「鞄と時計」を1曲だけ歌わせていただくことになりました。そして、ライブ1週間前に「ふたりの愛ランド」も歌って・・・となって、2曲参加させていただくことになりました。

松井五郎さん、Chageさん、根本要さん、はかつて全員がポプコンのステージにたっていた。Chageさんも、根本要さんもポプコンからここまでのステージ数はかなり多い。歌い続け、走り続けているアーティストたちを見ながら、松井五郎さんのステージは、作詞をすることだった。

Chageさん、Stardust Revueのステージ数は、どれほどなのだろう? 仮に40年、年間75公演を続ければ3,000ステージになる。松井五郎さんは3,000ステージを超えた。続けることの凄さ、強さ、情熱を感じる。

歌い続けることのすばらしさ、作品を生みつづけることのすばらしさに触れ、森川美穂もまた、歌い続けるという決意を新たにした、そんな夜でした。

「鞄と時計」 収録アルバム「female」 予約サイト

やってみてわかること

とてもたくさんのみなさまにご予約いただき、感謝感激です。
作品はいつも聴いていただくことで完成するものです。無人島でCDプレスをしても虚しいわけですね。生み出された作品はエネルギーそのものですが、それをうけとるというエネルギーも必要で、両者がそろって作品は完成します。

バンクシーだって、1億5,000万円で、落札さされてカッターを作動して、半分切れて、あの瞬間に作品は完成したのです。クリエイティブは、いつだって、送り出すだけでは完成はしないものです。

そんな風に考えながら、梱包を1日中やっていたわけですが、不慣れなこともありまして、時間がかかります。そして、ついに部屋は足りなくなり、ほかの部屋へと進出し、やりつづけるわけでございます。

やってみてわかること。
それは、通販は腰に悪いという事実です。これは、今朝の段階ではわかりませんでした。しかし、今日、やらないとスケジュール上、FCの方々への約束がはたせなくなるので、ちゃんと発送準備まで完了しました。完了したので、明日、発送しちゃいます。

今週は、梱包作業をする時間がとれないため、ライブ会場予約、第一次一般予約の方は、来週の発送になりますが、早めの到着を目指します。まだ、まにあうので、これから予約する方も、お待ちしています!

教訓:通販あなどるなかれ。体鍛えよ。メンテナンスも大事なり。

Artist Produce の秘密

この業界に19才でなんとなく飛び込み、作家マネージメント、レコーディングディレクター、アーティストマネージメント、音楽出版社、レコード会社、プロダクション、ファンクラブ、イベント業務全般をプロデュースしてきて、振り返ればもう40年たちました。しかし、この業界は深い。ゆけどもゆけども、その答えなどわからないことだらけです。

しかし、チコちゃんは知っています。
ドンドン♫

音楽業界のー、アーティストプロデュースの極意とは〜

・・・・・・・本当は倉庫業にあり〜〜〜〜〜〜。

え?・・・・え?・・・・なに?

いえいえ、現代は生産からお届けまで、ただただ他人任せではいけませんよ・・・ということでございます。CDでも、DVDでも、ポスターでも、心を込めて商品を保管し、受注がくれば 「よろこんでー」 と必ず1度シャウトします。それから、口笛を吹きながら郵便局に走る。これが出来ないと、いい音楽を作っても、お届けすることはできませんよという極意でございます。

40年かかってたどり着いたトップシークレットではございますが、さらりとシェアさせていただきます。
音楽を志すみなさまには、しっかりと愛情をこめた産地直送をおすすめいたします。

こうして、私の部屋の床は、また見えなくなりました。しかし、大丈夫です。今日から、もうFC会員の方から順次、予約発送をさせていただきます。ここからの作業がとても大変なのですが、よろこんで全力でお届けいたします。たのしみに、お待ちください。すばらしい作品集です。

今日から梱包作業にはいりますので、明日以降順次発送していきます。

予約をして、お振込がまだの方は、早めにお願い申し上げます。

「female」のご予約は、こちらから。
https://morikawamiho.com/female/
おまちしております。

還暦少年に囲まれて

GORO MATSUI SONGBOOKS Vol.10 の楽屋での一コマ。青春時代というのは、何歳から何歳までをいうのだろう? どうも、この人たちを見ていると 「大人なんだから、それくらい自分で決めなさい。」 と言われそうである。

松井五郎さんに、根本要さん(Stardust Revue)との曲、4曲もあったんですね。知りませんでした。・・・と話をしたときに 「たった4曲しか作れていない」 と返事があった。 「も」 なのか 「しか」 なのか。それは人それぞれの感覚だ。 世にリリースした作詞作品が3,000を超えるわけで、分母を3,000とすれば、1%にはるかに遠い、、、0.13%ということになる。母数を基準に考えれば確かに「しか」という言葉になるだろう。

気がついたら歌が大好きで、歌の世界へ足を踏み入れて、アマチュアのころも、プロになっても、今日も、明日も、毎日、作曲して、作詞して、演奏して、歌い続けてきた人たちは、振り向けば「足跡」が見えないほど遠くまで続いている。それは理論的に考えれば当たり前の現象だと前を向き、また今日も、明日も、もっともっと、作詞して、作曲して、演奏して、歌いつづける。こうしてまた「足跡」は長くなる。

こんな足跡の、どこから、どこまでが青春かなんて、訊くだけ野暮というものだ。きっと、この足跡が止まるところまでが、彼らの青春なのだろう。森川さんも、この還暦少年たちに囲まれて、歌に対する情熱をさらに燃え上がらせているようでした。

new album 「female」 にも「足跡」という作品が収められています。ぜひ、聴いてみてください。予約受付中です。

ポスター販売について

ポスター販売についてのお問い合わせがありましたのでお答えいたします。

ポスター販売は、ホームページ販売サイトでの販売となっております。コンサート会場での販売は、12/23発売記念ライブ会場( 伝承ホール)での販売を予定しております。

<お願い> お問い合わせいただく場合、info@morikawamiho.comからの返信がうけられるアドレスのご記入をお願いいたします。

未来の約束 〜再会〜

AK・・・現在は、NY在住の彼女とは、1985年に知り合った。86年に1枚だけアルバムをリリースし、その後、レコード会社を去った。その後、どうするのかと尋ねても、自分の信じる音楽を作るという一点張りだった。当時ぼくは、たまたま関わりがあり、デモテープをたくさん持っていた。それで、この曲もらってもいい?と柿原さんに確認をとりながら、森川美穂さんや、今井美樹さんに歌ってもらった。森川さんに歌ってもらったのは「はじめての記憶」という曲、1988年にリリースしたシングルのカップリングで、作詞は佐藤純子さん。

森川さんにとって、柿原朱美さんとあったときの「はじめての記憶」は、レコーディングスタジオで、とても大人しく、静かにたたずんでいる姿だったという。ぼくからみると、そんなタマじゃない。日本も含めて、世界をまたにかけて放浪しながら、音楽を作り続けてきた、たくましい「女性(female)」だ。

ロンドンでレコーディングし、次は、ロサンゼルスで、そして、NYへわたったのは、2001年、9・11の前日だったという。どこへいくのにも誰のつてもなく、現地にはいってから人と知り合っていきながら、スタジオを決めて作品をつくり、アルバムをリリースしていった。そして、NYでは、世界的に有名なハウスDJのDanny Krivitと巡り会い結婚した。人生そのものが、旅であり、そのすべてが音楽制作につながっている、会うと生命エネルギーそのものを感じさせてくれる「female」だ。

生命エネルギーを感じるといえば、森川美穂もエネルギーそのものだ。小学生低学年で、すでに歌手になると決めて、それを実行するための行動をとりつづけた小学生〜中学生、そして高校生でアイドルでデビューして、その後は学園祭の女王だとか、ミュージカル女優だとか、いつのまにか大阪芸術大学の教授だとか、表向きの呼ばれ方を変えていきながら、人生の旅をつづけているエネルギー体だ。しかし、その本質は 「歌手/Singer」 であるということ。とてもシンプル、太くて強い生命力を感じる。

この二人、どこか同じ種類のエネルギーを輝かせていると感じる。
「female」たちは未来を約束し、またそれぞれに人生の旅をつづける。

new album 「female」info